駅前サロンさんにて『熱中症予防講座』を行いました!(南千住西部地域包括支援センター


こんにちは、南千住西部地域包括支援センターです。
梅雨まっただ中、いかがお過ごしでしょうか。

これからの季節、皆さんにぜひ気をつけていただきたいのが熱中症です。

南千住西部地域包括支援センターからも、保健師や看護師がサロンやころばん体操会場をまわって、熱中症の予防についてお話させていただきました!

7月2日は南千住駅前ふれあい館にて、南千住西部地域包括支援センターの看護師さんが「熱中症予防講座」を行いました!
P1000578
梅雨の晴れ間など湿度と気温が高い日が、熱中症の危険性が高い日であるとのことでした。
また、ご高齢者は体力的にも若い方に比べて、熱中症になりやすいそうです。

熱中症の予防には
・『栄養があるものを食べる』『十分睡眠をとる』などの日頃からの健康習慣が大切!
・水分補給だけじゃなく、塩分補給も大切!
・熱中症は室内でも起こるため、適切にエアコンなど冷房を使うことが大切!
と、言われています。

熱中症にならないように、こうしたことに気をつけて暑い夏を乗り切りましょう!